Uncategorized

お肌の透明感アップ:マンダリンオレンジ・果皮エキス

みなさまはマンダリンオレンジをご存知でしょうか?

スーパーで売られていたり、精油に使われていたりするのですが、あまり一般的な果物ではないかもしれません。

馴染みのないマンダリンオレンジですが、「お肌の透明感をアップ」とは一体どのような仕組みなのでしょうか?

今回はマンダリンオレンジ・果皮エキスの概要・効果についてご紹介します。

1.マンダリンオレンジとは

その名の通り柑橘類で、日本ではマンダリンの一種である「カラマンダリン」が有名です。

見た目は一般的なみかんである「温州みかん」に近く、春に食べられるみかんとして知られています。

木の上で熟成する期間が他のミカン類と比べて長く、酸味が柔らかく甘みが強い種類です。

食べて美味しいのはもちろんのこと、果皮は「陳皮」という名で生薬として使用されたり、エキスが精油とてアロマに使用されたりと、余すことなく幅広く使用されている食材です。

2.マンダリンオレンジの効果

食べること以外にも幅広く使用されているだけあって、マンダリンオレンジには多様な効果があります。その効果は以下の通りです。

肌に潤いをチャージする

マンダリンオレンジに多く含まれる「β-クリプトキサンチン」は、オレンジ色となる元の成分です。

この成分は水分をたくさん保持してくれる働きのある「ヒアルロン酸」を活性化させ、増加させる働きがあります。

また、肌表面に水分をいきわたらせる働きのある「アクアポリン」という器官も増やしてくれる効果があります。

さらにマンダリンオレンジに含まれるビタミンCはうるおいとハリの元であるコラーゲンを作り出すのを手助けする働きがあるので、何重にも保湿効果があります。

(参考:わかさの秘密 β-クリプトキサンチン)

紫外線から肌を守ってクリアな肌に

マンダリンオレンジには「β-カロテン」という成分も含まれています。

この成分は肌や粘膜をバリアする働きのあるビタミンAに変化するため、紫外線から肌を守り、色素沈着を抑えてくれます。

(参考:伊藤園 主な研究成果

肌の表面にうるおいをチャージすることで、肌に光が当たると深部から反射する光が増え、より肌に透明感を与える効果があります。

これがマンダリンオレンジの「お肌の透明感をアップ」させる仕組みです。

免疫力を高める

マンダリンオレンジに含まれているビタミンCやクエン酸は白血球を活性化させ、免疫力を高め、病気を予防する効果があります。

元気が出る香り

マンダリンオレンジの甘酸っぱい香りは「リモネン」という成分が含まれており、交感神経を刺激するので眠気を覚まし、頭をすっきりさせる効果があります。

美肌効果だけでなく、健康にもよく、さらに香りまで効果があるなんて、お得なフルーツですよね。このマンダリンオレンジ、どのような摂取方法があるのでしょうか?

3.マンダリンオレンジ・果皮エキスの摂取方法

果肉を食べる

甘い果肉も味わえるし成分も摂取できる方法です。春にみかんが食べたくなったときは、カラマンダリンがおすすめです。

陳皮を味わう

陳皮は皮を干して作るので、ご家庭でも簡単に作ることができます。

果肉を食べ終わったとは皮を捨てず、皮を適当な大きさにちぎり、陰干ししましょう。

乾燥して小さくなると完成です。

お湯を注いでお茶として飲んでみるのがお手軽です。

また粉々にして料理に少し入れると香りのアクセントとなります。

アロマで香りを楽しむ

マンダリンオレンジの精油は一般的で、広く販売されています。

香りを楽しみたい、気分をすっきりさせたい時におすすめです。

肌に塗って利用する

マンダリンオレンジエキスが配合されたクリームやマンダリンオレンジの精油を使用してマッサージすると、肌から効果を感じることができます。

まとめ

今回はマンダリンオレンジ・果皮エキスの概要・効果についてご紹介しました。

マンダリンオレンジはあまり馴染みのないフルーツですが、食べて美味しいだけでなく、美肌効果、さらには健康にも良い効果があり、香りまで楽しめてしまう、かなりお得なフルーツです。

果肉だけでなく皮まで味わうことができるので、まるごと食べてしまうのも良いですし、アロマやクリームで香りを楽しみながらマッサージするのもおすすめです。

みなさまもマンダリンオレンジを楽しんでみませんか?