Uncategorized

注目のムダ毛・角質ケア成分:パイナップルエキス・パパイン酵素

パイナップルとパパイヤ、どちらも南国のフルーツで食べて美味しいイメージはあるけれど、美肌作用というと思い浮かばない、という方が多いのではないでしょうか?

今回はパイナップルエキスとパパインに含まれるパパイン酵素について、ご紹介します。

1.パイナップルエキスの効果とは

甘酸っぱさが魅力のパイナップル、実は食べて美味しく、しかも肌に塗っても効果的なフルーツなのです。

パイナップルのエキスを肌から取り入れると、以下のような効果があるとされています。

肌のバリア機能を取り戻す

パイナップルエキスには「セラミド」を作り出す酵素を促進する作用があります。

セラミドは皮膚の1番上の層である角質層に存在しており、外部の刺激から肌の内部組織を守りながら、水分を蓄え保湿する働きがあります。

このセラミド、生成する力のピーク時はなんと赤ちゃんの時で、以降年齢とともにどんどん減少してしまうのです。

したがって年齢とともに肌トラブルが起きやすくなってしまうのです。

そんな減少していくセラミドを生成するのを手助けするのがパイナップルエキスです。

保湿する成分を生み出す

セラミドも保湿に有効的ですが、さらにパイナップルエキスには「アクアポリン3」や「ヒアルロン酸」のような保湿成分を生み出すのを助ける働きがあります。

アクアポリンは水分の通り道を作ることができる成分で、肌の表面に水分をいきわたらせる働きがあります。

またヒアルロン酸は多くの水分を保つことができる成分で、どちらも保湿には欠かせない成分です。

パイナップルエキスには両方含まれているので、保湿に多面的な効果があります。

シミのもとを抑制する

肌が紫外線を浴びるとシミのもととなる「メラニン」が作られます。

通常は新しい肌が作られる際にメラニン部分もはがれていきますが、長年紫外線を浴び続けていると、メラニンが過剰に作られ蓄積しシミとなってしまいます。

パイナップルエキスはメラニンが過剰に作られるのを抑制し、シミとなるのを抑える効果があるとされています。

(参照:フェイスマスク研究所

2.パパイン酵素の効果とは

スーパーなどでも売られているのは稀で、ハワイやグアムに行くとでてくるようなフルーツであるパパイヤ。

甘くて美味しいけれどあまり馴染みのないフルーツですが、パパイヤに含まれる「パパイン酵素」にも以下のような美肌作用のある働きをするとされています。

古い角質や皮脂を落とす

このパパイン酵素、新しい細胞は傷つけず、古く劣化した細胞にだけ働くという優秀な成分です。

パパイン酵素の効果で角質のごわつきや皮脂のべたつきをすっきり落とすことが可能とされています。

体臭もすっきり落とす

案外気づけないのが自分の体臭です。

加齢臭の元となる「ノネナール」は女性であっても40歳を過ぎると増えてしまい、匂いの元となります。

いくら美肌でも体臭が気になってしいまっては台無しですよね。

パパイン酵素はこのノネナールを分解する働きがあります。フルーツ由来の成分なので、肌の弱い方にもおすすめです。

(参照:Dr.Ci:Labo)

3.パイナップルエキス・パパイン酵素の摂取方法

2つとも食べて美味しいフルーツですが、肌に塗る方が表皮への吸収は早いとされています。

さらにパパイヤに関しては、パパイン酵素は熟していないパパイヤに豊富にあり、なんと甘く熟したパパイヤにはほぼ含まれていないのです。

食べるなら美味しい状態で食べたいですよね。

パイナップルエキスやパパイン酵素の含まれたクリームなど、これらの成分がたくさん含まれたクリームを肌に塗るようにしましょう。

パイナップルとパパイヤ、どちらも美味しい南国のフルーツですが、実は2つとも美肌効果満点のフルーツです。

ぜひ食べるだけでなく、肌にも塗って美肌を手に入れましょう。